モダンタイムス トップ
  メニューのご案内 パーティのご案内 店舗のご案内
ワインの会ヴィンベーロ 柏ワインクラブ

ヴィンベーロトップヴィンベーロについてヴィンベーロの歩みヴィンベーロ会則

ワインの会[vinbero] 第119回例会
La ITALIA イタリア紀行8回シリーズ第6回 ロンバルディア
19 FEB 2015 モダンタイムスにて

2014年〜2015年のテーマは、「La ITALIA 〜イタリア紀行〜」です。

2年間合計8回にわたってイタリアのワインを探訪していきます。

シリーズ第6回目の今回は、州都にミラノを擁するロンバルディア州の特集でした。イタリア北西部に位置し、北にスイスと国境を接するロンバルディア州は、アルプス山脈の一部である北部の山岳部、その南の丘陵地帯、平野部という3つの地域に分かれ、地域ごとに郷土料理のバラエティがあり、ミラノ 、クレモナ、マントヴァなどの古都ではそれぞれの食文化が発展しています。平野部では稲作(カルナローリ種)がおこなわれていて、ミラノ風リゾットに代表される米料理が代表的な料理のひとつです。また、北部山岳地域のヴァルテッリーナ地方の蕎麦粉を用いたパスタ「ピッツォッケリ」も有名です。肉料理では、ミラノ風カツレツ(コトレッタ)や仔牛すね肉の煮込み(オッソ・ブーコ)が有名です。また、ゴルゴンゾーラチーズはミラノ近郊のゴルゴンゾーラ、タレッジョチーズはベルガモ県のタレッジョ谷がその名の由来で、マスカルポーネも元々はロンバルディアのチーズでした。今回も同州の特産食材や代表的なお料理と一緒にワインを楽しみました。

 

本日のワイン
【泡】モンテ・ロッサ・サンセヴェ・フランチャコルタ・サテン・ブリュットNV

【泡】モンテ・ロッサ・サンセヴェ・フランチャコルタ・サテン・ブリュットNV

(シャルドネ100%)

ワイナリー:モンテ・ロッサ

ロンバルディア州東部イゼオ湖の南に広がるフランチャコルタ地区は、瓶内二次発酵で造られるシャンパーニュスタイルの高級スパークリングワインで有名です。そこで、小規模な家族経営ながら、フランチャコルタのトップワイナリーのひとつに数えられる実力の持ち主。全て自社畑のブドウを使用し、手摘みによる収穫から発酵までを1時間以内に処理するという徹底したこだわりによってブドウの香りを最大限に引き出します。

ワイン:フランチャコルタDOCG(DOP)

白ブドウのみを使用した「サテン」(光沢のあるシルクの布)と呼ばれるタイプのフランチャコルタは、その名のとおりエレガントな味わい。繊細な仕上がりです。


【赤泡】アルコーヴァ・ボナルダ・デッロルトレポ・パヴェーゼ2012

【赤泡】アルコーヴァ・ボナルダ・デッロルトレポ・パヴェーゼ2012

(クロアチナ100%)

ワイナリー:コンテ・ヴィスタリーノ

15世紀半ばよりロンバルディア州パヴィアにある「ロッカ・デ・ジョルジ」の地主として 中心的な役割を担ってきました。1850年に一族のアウグスト・ヴィスタリーノ氏がブルゴ ーニュからピノ・ノワールを取り寄せ、この地に初めての植え付けを行いました。自然の美しさを誇る「ロッカ・デ・ジョルジ」に826haを超える広大な農場を所有し、200haのブドウ畑を管理している。(内140haはピノ・ネロを栽培)

ワイン:クロアチナ=ボナルダ

紫をおびた深いルビーレッド。熟した赤いフルーツの豊かな香り。スムーズでフレッシュ な口当たり。エレガントさがあり、個性のある微発泡赤ワインです。

【白】ラ・プレンディーナ・ソーヴィニヨン・ヴァルブルーナ2012

【白】ラ・プレンディーナ・ソーヴィニヨン・ヴァルブルーナ2012

(ソーヴィニヨン・ブラン100%)

ワイナリー:ラ・プレンディーナ(ジュリエット・ピオーナ家)

ヴェネト州でワイン造りをしているジュリエット・ピオーナと父親が1958年に購入したカンティーナです。品質の高いワインを求める市場の新しいトレンドに応えるべく、フランス系の葡萄品種の栽培を始めました。このワイナリーのワインは、イタリアで最も有名なシェフ「グアルティエーロ・マルケージ氏も認めた高品質なワインを造るワイナリーです。

ワイン:DOCガルダ

国際品種を使っていますが、ガルダ湖の丘でワイン造りをしている独自の個性を表現する為に、アプリコットや桃といったアロマティックな香りがするソーヴィニヨン・ブランを探しました。その結果イタリア原産のソーヴィニヨン・ブランのクローンと、フランスのロワールから2種類のソーヴィニヨン・ブランのクローンを選んで、計3種類を使うことに決めた。ソーヴィニヨン・ブラン特有の草っぽく、猫のおしっこと表現される強い刺激的な香りよりも、アプリコットや桃のような香りのあるものを選んだ。ワインに複雑さを与えるために、全体の30%を樽熟させている。樽とステンレスを4月にブレンドする。このワインは、一般的なソーヴィニヨン・ブランよりも酸が少し低く、果実味が強いかもしれません。他の北イタリアのソーヴィニヨン・ブランとは違います。酸はまろやかで、厚みのあるボディがあります。

【赤】ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・カルテリア2010

【赤】ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・カルテリア2010

(キアヴェンナスカ100%)

ワイナリー:アジィエンダ・アグリコーラ・サンドロ・ファイ

ヴァルテッリーナに13haの畑を所有する小さいワイナリー。畑は、海抜400-450mの起伏の激しい渓谷に位置する為、作業は全て手作業で行われている。柔らかく優雅な「ネッビオーロ」を生み出している。

ワイン:ヴァルテッリーナ・スペリオーレDOCG

オーク樽で12ヶ月熟成させている。スミレ、完熟したチェリーの香り。スミレの花やホワイトペッパーのスパイス香。滑らかな舌触り、よく熟したイチゴジュースのような果実風味と酸が豊か。たくましいタンニン。

【赤】リヴィオ・フェルーガ・ヴェルティーゴ2011

【赤】リヴィオ・フェルーガ・ヴェルティーゴ2011

(メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40%)

ワイナリー:リヴィオ・フェルーガ

リヴィオ・フェルーガは50年代後半にロサッツォ近郊の土地28haを購入しました。戦後復興の時代に人々が田舎を捨て、新興の工場が立ち並ぶ近隣の街に移住していった時も彼はフリウリの土地に留まりました。「フリウリのワイン造りの父」と呼ばれるリヴィオ、そして子供達のマウリツィオ、エルダ、アンドレアの努力により徐々に所有地とセラーは拡大され、現在の総面積は160ha(内ブドウ畑は155ha)に及んでいます。

ワイン:ヴェネツィア・ジュリアIGT

フレンチ・オークの小樽で12ヶ月間熟成。瓶詰め後、最低4ヶ月間瓶熟成。果実感とスパイス香のある複雑で凝縮された香り。赤いベリー系果実や、ブラックベリー、 甘味のあるスパイスなどのアロマ。構成はしっかりとしているが、柔らかみがあり、甘 味のあるタンニンは酸味とのバランスが取れている。果実味がある味わいで、後味は少しスパイシーな感じ。

【赤】チンクエ・ステッレ・ヴァルテッリーナ・スフルサート2010

【赤】チンクエ・ステッレ・ヴァルテッリーナ・スフルサート2010

(キアヴェンナスカ100%)

ワイナリー:ニーノ・ネグリ

スイス国境に近いヴァルテッリーナ地区は、急傾斜のためごく小さな段々畑しか作れません。そこに38haの畑を持ち、地元で「キアヴェンナスカ」と呼ばれるネッビオーロ種を使った、バローロにも劣らぬフルボディの赤ワイン造りを行っている。急傾斜の為、畑の手入れから収穫まで、全て手作業という厳しい環境の中、同社の名エノロゴ(醸造家)カシミーロ・マウレ氏の努力によってヴァルテッリーナ・ワインの名声が築かれました。

ワイン:スフルサート・デ・ヴァルテッリーナDOCG(DOP)

自然に陰干ししたブドウから造られたスフルサートワインは、アルコール度数が高く、凝縮した味わいです。フラッグシップワイン「チンクエ・ステッレ(5つ星)」は、自社畑の最高品質のブドウを選別して収穫、新しいバリックで約16ヶ月熟成させました。ガンベロ・ロッソの2004年版では赤ワイン部門の「ワイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しております。

 
本日のお料理

Antipasto misto

・千葉県産綿爽鶏と里芋のリエット 生姜とダークチェリーのソース

・林檎のモスタルダ

・フレッシュカリフラワーとサルディーニャ産カラスミ

Antipasto fredda

サヨリと房総産菜の花のサラダ
マントヴァ風ソースで

Pasta

そば粉のピッツォッケリ
ズワイ蟹と長葱のソースで

Carne

豚ヒレのミラノ風カツレツ

Carne

仔羊のベルモット煮込み
赤ワインのリゾット添え

Dolce

柏産いちじくのジェラートとショコラ・ミスト




モダンタイムスのこだわりスパゲッティメニューワインリストフェア(季節のメニュー)のご案内ワインの会 お客様の声直行便
パーティのご案内店舗案内リンクサイトマップトップ
Copyright Modern Times. All rights reserved